『フライの雑誌』連載の   我が記事に関する補足解説専用ブログ
by s-masuzawa
カテゴリ
全体
こんせぷと
第82号用
第83号用
第84号用
第85号用
第86号用
第87号用
未分類
以前の記事
2009年 12月
2009年 10月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


5.ポスター完成

ポスター完成!

【ショップ御関係者の皆様へ】

お待たせいたしました。くだんの店頭ポスターも完成・開陳の運びに。まずは、コチラをクリックのほど。現れた拙文ダイジェスト版中頃にある、「店頭広告ポスター」ダウンロード部をクリックのほど。


■プリントアウトし、店頭周辺に掲示してみて下さい。記事内でも記しましたが、ぜひ、シャッターにも。閉店時の訴求効果はひじょうに高いものがあるからです。

■なお、ポスター・デザインそのものはもちろん、ポスター内のコピーや写真を自店ないしは自社等の各種広告やパンフレット等に流用することは、お止め下さい。著作権法に抵触します(※権利保有母体は「フライの雑誌社」と当方の2者です)。一部改ざんも同様です。

■すなわち、あくまで「店頭広告用に限定」ということです。
そうであるなら、プリント枚数制限はナシ&プリントアウト現物の改ざん(ex.ショップ名を入れる/写真を添付する)はご自由に。

■その旨、ご承知おき下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。


                        増沢信二拝

[PR]
# by s-masuzawa | 2009-01-30 17:18 | こんせぷと

4.カタガキ

私の連載記事の執筆者名横には、「プランニング・ディレクター」なる、分かったような分からないようなヨコモジが添えられています。コレ、私の生業におけるカタガキです。「趣味道楽に俗世のカタガキなんぞ、一切不要!」。古くからの持論です。「無粋極まりなし!」と思っています。

かなり以前、とある専門誌にその無粋極まりなき格好のサンプルが。社名から社内セクション、さらにはカタガキまでシッカリと明記。他の執筆者の皆さんで、さようなケースは皆無。すなわち、その御仁のみでした。044.gif

その御仁の執筆内容が、自身の会社やカタガキと関連するのなら、それもアリでしょう。たとえば、自動車会社勤務なら、「フライフィッシング向きの理想のクルマは?」、出版社勤務なら、「フライ専門誌のあり方と将来展望」、保険会社勤務なら、「フライ屋にお勧めしたい各種損害保険」てな具合にです。それならむしろ歓迎で。専門的なご意見を頂戴できるからです。027.gif

しかしながら、くだんの御仁のケースは全く関係ナシ。ありきたりのエッセイ風文章に終始しとりました。失笑・冷笑・嘲笑しました。よっぽど愛社精神に富んだ御仁か、カタガキ・イノチの御仁か、はたまた、瑣末な衒示主義者のいずれかなんでしょう。3番目の手合いにすぎんと喝破しましたが。その御仁の会社、その業界では結構有名ですんでね。自分に自信のないボウヤが、「ボクのパパは、○○会社のシャチョウなんだゾ!」と喚く心理と同質です。ついでに、不肖ワタクシ、学生時代には少しばかり心理学、それも“児童心理学”を齧ってましたんで、そう断じる“自信”があります。

ちなみに、「衒(ゲン・てらう)」とは「ひけらかす・誇ってみせびらかす」なる意。すなわち、「衒示主義者」とは「ハッタリ屋」ということにほかなりません。

ついでながら、その御仁、しばらく経ってまたご登場した際には、カタガキが変わってました。ご出世なさってオリマシタ。周囲とともに大笑い。どうもその性向、未だに変わっておらんようですが。イイ歳なんですから、いい加減、“中身”で勝負しようやないですか?ついでに、いい加減、後進に道を譲ったら?ですワ。カビの生えたようなネタを使いまわしてるにすぎんですし。ミットモナイことこのうえもなし。

余談ついでに、かの島崎憲司郎さんのカタガキは、「毛鉤職人」。“シブイ!渋すぎる!”。衒示屋風情とは大違いです。私もそれにならって現在の名刺には、「企画監督屋」と記してますが。“Planning Director”を無理やり邦訳すると、そうなりますんで。ワルクはないと思うとります。

今回の連載にあたり、カタガキ併記には当初抵抗感が。上記衒示屋あたりと同類になるなんざあ、真っ平ご免!てな気分でした。しかしながら、フライの雑誌編集人である堀内正徳さんから、「読者に対する説得力が違ってきます」なる旨、“説得”されて同意に至りました。確かにそうですねえ。好むと好まざるとにかかわらずです。
大仰風のヨコモジ・カタガキ開陳して、どうでもいいようなありふれた&自己満足的釣行記風エッセイもどきなんぞをしたためるんならともかく、一応はそのカタガキに見合ったテーマと内容をと心しております。それゆえに、ご了承のほど。

このカタガキは20年ほど前から使用しています。連載内容とも関連しますんで、私の簡単な職歴等を次の記事にて――。この項、おしまい。
[PR]
# by s-masuzawa | 2009-01-30 16:21 | こんせぷと

3.お詫びとお知らせ

まず、長らくの間、このブログを“ほっぽり出して”おりましたこと、心よりお詫び申し上げます。ただただ、ワタシ自身の怠惰・怠慢・横着・不精&ルーズな性格・性質・性向・性分のゆえ。ひたすらコウベを垂れる次第。心機一転、溜まりに溜まった“ネタ”を片っ端から書き記す所存でおりますんで、なにとぞ、ご容赦のほどお願い申し上げます。

なお、『フライの雑誌 Vol.83』の拙文内でお約束した、「自治体向けスクール開講依頼書」のサンプルを数日前より、同誌HP内で公開しています。トップページ最上段にある「最新情報(1/30)」をクリックして下さい。
 
もうひとつの「店頭ポスター」に関しましては、近々公開の予定ですので、恐縮ながら、暫時お待ちのほどお願い申し上げます。




                                       増沢信二拝
[PR]
# by s-masuzawa | 2009-01-29 14:21 | こんせぷと

2.第82号用 VOL.1  ブッシュ大統領とフライ

b0159869_1744443.jpg


ようこそお越しを――。早速ながら、補足解説第1弾を。

ブッシュ大統領はフライを嗜むのか――。7年前、いろいろ調べてみましたが、100%の確証は得られませんでした。しかし、そのうえでの結論。「間違いなく嗜む(ハズ)!」。その根拠(のひとつ)は、父親(=“パパ・ブッシュ”)がキャリア数十年に及ぶ、かなり熱烈なフライ・ファンだからです。このオヤジさん、専門誌の表紙を飾ること、最低でも2回、記事に登場すること数回。当方が調べた限りでです。また、40年ほど前から、アラスカはかのキーナイ・リバーの畔に大きな別荘を保有し、毎年数回、家族揃ってサーモン・フィッシングにいそしんでいるそうです。熱烈なフライ・ファンである父親が、子供たち、とりわけ長男に教授&伝授しないケースなどありえませんね。それが根拠(のひとつ)です。

実際、7年前当時、ブッシュさんが「大の釣り好き」なる評判は一部マスコミでも伝えられていましたし、それを証明するように、小泉さんが訪米した際のお土産は、「釣り竿」でした。フライロッドかどうか、結局は判明しませんでしたが、「3万円以内の製品」であったことは確かです。この“お土産交換”は外交儀礼上、完全に定着しているものですが、金額的には「3万円以内」が通例化。某国の“マツタケ土産”は、時価数億円規模でしたが――。

ちなみに、ブッシュさんは米軍のフライト・ジャケットを小泉さんに贈呈しました。一説によると、小泉さんは、「釣り竿」とともに、「デジカメ」も贈ったそうですが、そのトータルで「3万円以内」となると、“肝心の”釣り竿、もしフライロッドだとしたら、かなりの廉価版だったことになります。日本製でしょう‥‥‥ね。
[PR]
# by s-masuzawa | 2008-08-21 09:32 | 第82号用

1.ブログ開設意図

  ちゅう‐しゃく【注釈/註釈】
[名](スル)語句の意味や用法を解説したり、補足的な説明を加えたりすること。また、その説明。(大辞泉より)


b0159869_23384873.jpg
このブログは、『フライの雑誌 第82号』より新たに連載を開始する『フライファン「適正増」戦略のご提案』なる拙記事の補足解説専用のものです。

その新連載がいかなるモノかといえば、タイトルでもお判りになるかと思いますが、「フライファンの数を適度に増やすにはどうすればよいか――」を主題に、当方なりの具体的施策を提案するものです。「なぜ、フライファンを増やす必要があるのか」なる疑問を持たれた方は、『フライの雑誌 第82号』(今月20日発売予定)の当該記事をお読みになって下さい。といいつつ、ひとつだけ理由を述べれば、ここ7~8年、フライファン数は顕著なまでに減少の一途をたどっているようですが、個人的にはソレが滅法気に入らないからです。

では、なぜかようなブログを開設するに至ったか、その理由もひとつだけ述べれば、当方が、長文指向の傾向が極めて大だからです――というと聞こえはイイのですが、要は、文字数制限をきちんと守る能力がどうにも欠如しておりまして、制限数の2倍程度を記するのは序の口で、3~5倍程度を記すのが常態化しています。それをシェイプアップすることの苦痛といったら‥‥で。

以前の同誌の連載で、その“苦痛”を少しは緩和してくれたのが、『注釈』でした。(注ー1)とか(*注釈②)などと表記されるアレです。とはいえです。ソレとて自ずと限界が。ぜいぜい(注ー5)から(注ー7)ぐらいまでが限度だからです。“苦痛”を完全に癒すには、(注ー50)ぐらいは必要となり、結果、本文の3~5倍の分量に。本末転倒というか“ワハハハハ!的状況”が生まれてしまいます。

そんなわけでの、当ブログ開設です。(注ー50)どころか(注ー100)だろうが(注ー500)だろうが無制限にして我が気分のおもむくがまま。そう考えるだけで、気持ちが自然にほぐれてきます。“もっと前からやっときゃ、ヨカッタなあ~”といった心境で。

とはいえです。『フライの雑誌』の当該記事に、(注ー1)(注ー2)と表記しているわけではありません。記事は記事で完全に独立しています。しかも、あくまでその記事が「主(役)」であって、こちらは「脇(役)」。その「主」のほうを読んで頂かないと、隔靴掻痒感がぬぐえないという“仕組み”に(一応)なってはいます。

といいつつ一言、最後に。「脇(役)」が「主(役)」を食ってしまうことはしばしば起こります。古~~~~いハナシで恐縮ですが、1960年代に大人気を博したテレビ映画『コンバット』が好例。当初、主役は「ヘンリー少尉」でスタートしましたが、脇役の「サンダース軍曹」のほうに断然人気が集まってしまい、途中からは完全にサンダースさんを主役としたストーリーに変わってしまいました。

最近(といっても10数年前ですが)の例では、あの『リバーランズ・スルーイット』もそう。かのブラッド・ピットさんが主役と信じて疑わない方が多数おられますが、彼はあくまで脇役でして、主役は“お兄さん”。ホントですよ。ビデオやDVDジャケットの写真配列やタイトル・ロールのクレジット順等を見れば明らかです。

当該記事と当ブログ、くれぐれも『コンバット』や『リバラン~』のようにならないよう留意する所存でおります――が、はてさて、どうなることやら‥‥が本音でございます。なにはともあれ、今後の展開に適度にご期待のほど――。
[PR]
# by s-masuzawa | 2008-08-08 08:08 | こんせぷと